logo.png

治療ガイド

①義歯(入れ歯)治療

「インプラントや保険外の入れ歯じゃないとうまく噛めないのですか?」
「保険の入れ歯はおいしくものが食べられないのですか?」

その問いに対する僕の答えは「NO」です。

「インプラントや保険外の入れ歯でなくても、うまく噛めます。」
「保険の入れ歯でもおいしくものは食べられます。」

通常歯科技工士が行う義歯の製作を、当院では院長自ら行っています。
そのため、個々の患者さまに合った精度の高い義歯を提供することができます。

今までの義歯にご不満があり、インプラントや保険外の義歯を検討されている方は、
その前に当院での義歯治療を検討されてみてはいかがでしょうか?
必ずご満足いただける義歯を提供できる自信があります。

 0701_entry2_leftpic120120702124606.jpg

②ラバーダム治療

「ラバーダム」…みなさまはあまり聞きなれた治療法ではないと思います。
ラバーダム治療とは、根の治療をする際にお口の中のばい菌が根の中に入らないようにする治療法のことです。

0702_entry2_leftpic320120702124606.jpg 

「ラバーダム治療」は日本ではわずか5%の歯科医しか行っていませんが、アメリカでは90%以上の歯科医が行っています。
その一方で、ラバーダムを行った場合の根の治療の成功率は90%、ラバーダムを行わなかった場合の成功率は50%程度と言われています。

「神経を取って冠を被せた歯が痛くなった…」このような経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。その原因の多くが「治療中のばい菌の侵入」なのです。

当院では日本ではわずか5%しか行われていない「ラバーダム治療」を行っています。
一度治療した歯が再び悪くならないために、根の治療の際にはラバーダム治療を受けられるといいでしょう。
(ちなみにラバーダム治療は保険適用ですので、特別な費用はかかりません。)

 0703_entry2_leftpic420120702124606.jpg

③歯の移植

失った歯を取り戻す方法…「インプラント」の前に「歯の移植」を検討してはいかがでしょうか?

「歯の移植」とは歯を抜いた部分に例えば親知らずなどを移植する治療法のことです。
(ちなみに親知らずの移植は保険適用です。)
ご自身の歯なので、当然「インプラント」よりも噛み心地がいいです。

当院では「歯の移植」にも取り組んでいます。
「インプラント」を検討される前に、「歯の移植」の可能性を検討してみてはいかがでしょうか?
0704_entry2_leftpic620120702124606.jpg